りこぴた読書感想文と日記

読書感想文、日記、世の中の気になったニュースなど。

辻村深月(著)「かがみの孤城 上下」ポプラ文庫,ポプラ社,2021. (小学生の)起承転結に気を付けた「かがみの孤城を読んで」1

f:id:rikopitatan:20220116151901j:plain

f:id:rikopitatan:20220116151922j:plain

 

参考

感想文の豆知識~読書感想文は誰でも簡単に書けます~(小学生向け)

https://kansoubun.info/constitution/

 

普段起承転結を意識しないで書き散らしているので、今年は気合を入れて起承転結のある良い文章を書けるように練習していこうと思う。起承転結を意識することに慣れていないので、小学生のやり方を参考にしても本当に難しい。気にせず練習して書いていけば上手くなるという。頑張っていこう!

 まずは、起承転結に気を付けた読書感想文と何も気を付けない読書感想文の比較だ。結論から言うと、読みやすく、よくなっている。確実に内容の方向性が違う。これからも起承転結を練習していきたい。

まずは小学生用の起承転結から押さえていく。その後は小・中・高・大・社会人と段々とレベルを上げていき、ゆくゆくは起承転結のある社会人(大人)の読書感想文をしっかり書けるようになりたい。同じように起承転結の大人の小論文も書けるように練習していきたい。経過をブログに書きたいと思う。

 

では、比較。

 

 

 

---ネタバレします---

 

 

 

 

起:

 本屋に入ってすぐのところ置いてあり、ポップに「書店員一番のおすすめ」「本屋大賞2018受賞」と書いてあって興味を惹かれて手に取った。狼面の少女と制服の少女の描いてある装丁が可愛らしく、読んでみようと思った。

 

承:

 不登校不登校に似た環境の中学生7人が部屋の鏡を潜り抜けて、鏡の孤城に通うようになるタイムリープ物のファンタジー小説である。

 

転:

 主人公のこころが時計台に隠れて城に喰われたアキの手を握って、アキに「私たちは助け合える!会える!だから生きなきゃダメ!頑張って大人になって!私は未来にいる!同じ世界にいる!」と叫んで助けるシーンがとても印象的でした。

何故かというと義理の父親に襲われて絶望しているアキを何とか助けようと必死になって真摯に語り掛ける(叫んでいる)こころの気持ちが素晴らしく美しく力強くよく伝わってきたからです。

私は介護施設で働いていたことがあり、認知症で絶望している高齢者によく「何とか助けよう」と必死に真摯に語り掛けていました。暗い顔をしていた高齢者が話しているうちに明るい笑顔を見せてくれて、それがすごく嬉しかったのを覚えています。

その経験から真摯に語り掛けることの大切さを学びました。

 

結:

この本を読んで友達や仲間の大切さがよくわかりました。私は友達が少ない方なのですが大事にしなければいけないな、と思いました。友達や仲間だけでなく自分に関係のある大切な人達のことも大事にしなければいけないと強く思いました。こころがアキや皆を助けたように、力強く気持ちを行動に移して伝えることも大切だと思いました。これからの人生のためにもっと良い人間関係を大事にしていきたいと思います。

 

 

 

 不登校、似た環境の中学生7人が部屋の鏡を潜り抜けて、鏡の孤城に通うようになるファンタジー小説。上巻の途中からどんどん面白くなって、ラストまで集中して読み切った。子どもの心理描写がとても上手で違和感なく物語に入り込むことができた。子どもでも親になってからでも読んだら楽しめるのではないだろうか。読後感が凄まじく良い小説だった。

 登場人物の子ども7人が生き生きと描かれていて存在感があった。それぞれに事情があり、バックボーンがよく書かれていて、7人のよき理解者になれたような気がした。7人に温かい気持ちが持てて応援してしまう。だから読んでいて胸が鋭く痛かった部分もあった。とても良い小説だ。2018年に本屋大賞を獲るだけあるというものだ。7人とも良くも悪くもしっかりと子どもで、辻村深月は子どもを描くのがとても上手いと思った。ネタバレしてしまうので7人それぞれの事情は書かないが、本当にみんな明るく幸せに生きていってほしい。関わる大人もよく書かれていた。

 上巻の後半から物語はどんどん盛り上がっていく。勢いがあって面白い。下巻の伏線回収が鮮やかで見事だった。「ああ、そうだったのか!」がいっぱいあって素晴らしいアハ体験をしたようだ。後半は一気に読んでしまった。今一番面白かった小説である。

かがみの孤城」程の素晴らしい読後感の小説を探しているがなかなか見つからない。また出会えるだろうか。切望している。

 

 

  • 起承転結があったほうが読みやすくてよい!

医療機器業界の手術支援ロボットについて

経済のお話、医療機器業界。

 

 規模と品目の広範さで海外勢が圧倒。手術支援ロボットが成長。

 コロナワクチン接種の進捗に伴い医療機関の経営難は徐々に緩和。市場拡大が継続し各社は成長分野へ新規参入進める。

 

手術支援ロボット

 米インテュイティブサージカルが市場を独占していたが、19年に主要特許が切れて参入企業が相次ぐ。米ジョンソン・エンド・ジョンソンなど海外大手も開発を進めるなど競争は過熱している。

日本国内ではメディカロイドが開発した手術支援ロボットが国産初となる製造販売承認を取得し、保険適用に。「hinotori(ヒノトリ)サージカルロボットシステム」

 

 

参考

 

https://www.medius.co.jp/asourcenavi/robotic_surgery/

新機軸打ち出す手術支援ロボットが相次いで登場

 

会社四季報業界地図

 

 

感想

すごいものが出来てよかった。ダヴィンチの特許切れで数十社に参入の大チャンスだ。良いものができると良い。ヒノトリはまずは泌尿器科が保険適用になったとのこと、ほかにもどんどん広がると良い。

でも私は医者じゃないし使ったことがないし知ったばかりなので、医者が手でじかにやらない手術はなんだか怖い。どうか熟練してくださいと願うばかり。

持続可能な開発目標(SDGs)17の目標について考えた。

持続可能な開発目標(SDGs)

 

持続可能な開発目標(SDGs)は2015年9月の国連サミットで決定され、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGs発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

 

  1. 貧困をなくそう

あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

  1. 飢餓をゼロに

飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

  1. すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

  1. 質の高い教育をみんなに

すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

  1. ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

  1. 安全な水とトイレを世界中に

すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

  1. エネルギーをみんなに そしてクリーンに

すべての人々にてごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

  1. 働きがいも経済成長も

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

  1. 産業と技術革新の基盤をつくろう

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

  1. 人や国の不平等をなくそう

国内および国家間の格差を是正する

  1. 住み続けられるまちづくりを

都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

  1. つくる責任 つかう責任

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

  1. 気候変動に具体的な対策を

気候変動とその影響に立ち向かうため緊急対策を取る

  1. 海の豊かさを守ろう

海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

  1. 陸の豊かさも守ろう

陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止及び逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

  1. 平和と公正をすべての人に

持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

  1. パートナーシップで目標を達成しよう

持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

 

 

まずは知って理解することだと思ったので、自分でまとめて眺めている。最近テレビのバラエティでもよくSDGsを言っていたり、国の力を感じる。

内容をよく眺めて見ると、まず自分を教育しないとならない。もちろんSDGsには賛同する。これができたらすごいと思う。

私ができることといえば、勉強と読書、軽い運動、家事、ゴミの分別、男女差別されたら怒ること、プラスチックをなるべく使わないこと、節約すること、環境保護に関心を向けること、募金などである。なんだかしんどくなってきたけど、普通のことをしっかりするだけでまずは貢献できるらしくて凄いと思っている。普通って大変だな。まあできる範囲で少しずつやればいいだろう。

国や工場がやりだすと一気に進み始めると思うので、本当に一人一人ががんばるより効率的、などと考えてもしまうが。やはり意識して「自分えらい」と悦に入りながら上記のことをやりたいと思う。なんだか気分が良くなってきた。このくらいでいいだろう。

 

 

外務省ホームページ

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

 

SDGs(持続可能な開発目標)とは何か?17の目標をわかりやすく解説|日本の取り組み事例あり

https://miraimedia.asahi.com/sdgs-description/

宮口幸治(著)「ケーキの切れない非行少年たち」新潮新書,新潮社,2019. ケーキの切れない非行少年たちを読んで

f:id:rikopitatan:20220117005531j:plain

 

 

---ネタバレします---

 

 

 

まず、医療少年院には「境界知能」の子どもが多いということに驚いた。犯罪と「境界知能」と認知機能の関連。これを読んで「境界知能」の人に悪いイメージが付かなければいいが、と懸念した。

 「境界知能」で困っている人々はなかなか気づかれない。本書によると人口の十数パーセントいるそうで、子どもでは小学校2年生から「困っている」というサインを出している。認知機能が弱く、クラスの下から5人が要注意で、巷で流行りの褒める教育だけでは問題は解決しないという。学習の基礎となる「認知機能」を向上させるために、著者の提唱する1日5分のコグトレ(認知機能強化トレーニング)の実践が必要とのことだ。読んでみると、この本の目次はまるで要点の要約のようで、著者の本気で理解させたい気持ちを感じる。

「境界知能」で困っている人たちの中で医療少年院に行った者の中には、世の中のすべてが歪んで見えている可能性がある者がいる。認知機能が低下している。表題のようにホールケーキを3等分できない人も多くいる。とても驚いた。余程のことだ。一緒にお菓子作りして簡単なケーキでも作ってくれる人がいたらまたちがうものなのだろうか。一緒に切って覚えるとか。それとも認知機能が弱いからそういった体験があっても難しいものだろうか。とにかく衝撃だった。

引用すると、医療少年院にいる「計算ができず、漢字も読めない。計画がたてられない、見通しが持てない。そもそも反省ができず、葛藤すら持てない」などの特徴を持つ者は、怒っているのだそうだ。怒りの背景を知らなければならないという。

 認知機能や感情統制の弱い、融通が利かない、自己評価が不適切、対人スキルが乏しい、身体的不器用さという特徴を持つ者は、刑務所だけでなく学校にも一定数いる。保護者にも社会にも気づかれず、病名も付かず、非行化も懸念される。気づかれないから逮捕される。本来なら保護が必要なのだ。誰かが気づいて治療ができれば犯罪者にならずに済んだのかもしれない。認知機能への支援。今の学校のシステムには認知機能への支援は難しい。認知機能向上の支援システムの必要性を感じる。

 認知機能の弱い者には「自己への気づき」と「自己評価の向上」が必要である。そのためには1日5分のコグトレが有効だという。学校での朝の会などに、と著者は述べており、それなら取り入れられそうな気がする。こういう現実があるのだから、学校では積極的に取り入れてほしいと思う。

自分の学生生活を思い返してみても、認知機能向上のために学校で何かをしたことはほとんどなかった気がする。学習の土台となる認知機能。どんなに大切なことか。コグトレのやり方はこの本を読んでいただきたい。

この本を読むと犯罪者の現実に同情する部分がでてきてしまいそうになるが、犯罪自体には厳罰を求む。犯罪は許されないことであり、最低だ。犯罪者にならない為の認知機能支援システムは必要である。この本を読んでそういう機運が高まればいい。2020年のベストセラーになったのだ。それだけで終わらず、施策につながると良いと思う。

この本を読んで、私の中で今までの犯罪者へのイメージが一新した。認知機能という観点は私の中には無かった。これが本当なら大変なことだ。救われる個人が増えますように。そしてその上で著者の言う「犯罪者を納税者に」が実現するとよいと思う。皆幸せな人生を歩めますように。

2020 BTSの国連スピーチ(抜粋)

BTS、国連総会で世界中の若者たちに希望のメッセージ

新型コロナウイルス危機の中で

【2020年9月23日  ニューヨーク発】

https://www.unicef.or.jp/news/2020/0221.html

 

BTSの国連スピーチ抜粋

 

 

だから 僕たちみんなで もう一歩前に踏み出しましょう

 

僕たちは 自分自身を愛することを学びました。だから今度は「自分自身のことを話そう」

 

 

 

あなたの名前は何ですか? 何にワクワクして 何に心が高鳴るのか あなたのストーリーを聞かせてください。

 

あなたの声を聞きたい。あなたの信念を聞きたい。

 

あなたが誰なのか、どこから来たのか、肌の色や ジェンダー意識は関係ありません。

 

ただ、あなたのことを話してください。話すことで、自分の名前と声を見つけてください。

 

 

 

すごくいいと思った。この言葉をよく反芻し、考えていき、答えられるようにしたいと思った。

「何にワクワクして 何に心が高鳴るのか」

未来のことや新しいことにワクワクする。文章を書くこと、勉強や業界地図が面白い。飼っている猫と一緒にいるととても嬉しくて楽しい。奈良公園に行って鹿を見ると面白くて楽しい。他にも、後になってでもいいから考えていきたい。

続いて私の信念・・・。とりあえず私の信念を書きたいと思う。

 

信念

 人は遊びながら成長していく。幸せになるために努力をする。自由と知ることが大事。

 

 学生時代、保育の勉強をしているときに共鳴した。遊びながら楽しみながらやっていることは自然と輝き、結果的に他の追随を許さないよい結果がでるという。体験としても何となく思う所があり、信じている。

 幸せになるためには努力をしないと、幸せからは遠くなる。幸せはつかみに行くものなので、何もしなければ幸せにもなりづらいのかな。幸せは気づくものだとも思うけれど。努力は方向を間違えれば幸せからは遠くなる。自分が幸せになればまわりも幸せになり、それを許さないような人は放っておいてよい。私はこれだけは一生懸命努力したい。

 自由が大事。自由は尊重されるべきである。なかなか自由は難しい。だからこそ尊重されるべきだ。自由を侵害するものを私は許さない。

 知ることが大事。無知は恥だ。罪だ。無知はひどい。どんどん知っていきたい。自分から知識を取りに行き、知恵を磨きたい。

しかし、知るのがまだ面倒くさいことが多い。まずい、疲れている。それでは世界が広がらない。何も見えない。見ていこうとしないと何も見えない。それでは困る。自分を充足させるために一生懸命になろうと思う。

幸せになる努力と知ること、それだけは一生懸命何よりも頑張らなければならない。一生気合を入れていくべきことだ。ああ、がんばろう。

 

豆から手入れコーヒー

f:id:rikopitatan:20220116154218j:plain美味しいコーヒーが飲みたい。元々は夫がコーヒーを好きで、焙煎豆を自宅のミルで挽いて手入れコーヒーを楽しんでいた。私はどちらかといえば紅茶派だったが、夫の淹れる美味しいコーヒーを飲んで好きになった。牛乳を入れたカフェオレが薫り高く絶品だったのだ。

 f:id:rikopitatan:20220120070818j:plain

器具はコスパがよく実力の高いものを夫が揃えていたのだが、初めて私が淹れたコーヒーは薄くまずかった。80度のお湯で同じように淹れたのだけど。2度目は上手く入った。

f:id:rikopitatan:20220116154307j:plain段々慣れてきて美味しく淹れられるようになってくると、私はネットなどを見てコーヒーの淹れ方を研究しだした。そこに「下手に円を描く様に淹れるより、中心にお湯を注いだほうが美味しい」と書いてあったので、採用した。

f:id:rikopitatan:20220116154337j:plain徐々に自分なりの淹れ方をするようになり、今では夫は「私が淹れたほうが美味しい」という。夫はペーパーの種類やドリッパーの種類に拘るが、私は全く拘らない。まずは浄水器の水をコーヒーサーバーに500cc入れて計る。沸騰させてお湯を全部注いでコーヒーサーバーを温め、それをステンレスのコーヒーケトルに入れて87度位にして、ペーパーに電動ミルの4で挽いた付属スプーン2杯のコーヒー豆を入れて、コーヒードリッパーの中心に注ぎ込む。少しお湯を淹れたところである程度蒸らして豆がこんもりしてきたところでまたゆっくりお湯を淹れていく。コーヒー豆の壁がしっかりしているときと少し崩れているときとあるが、やはりきれいな壁の時のほうが美味しい。なぜ一定にならないかは私にはわからないけれど。

f:id:rikopitatan:20220116154427j:plainコーヒーは他人に淹れてもらったほうが美味しいから、私の方が上手いなんていうのだろう。夫の淹れるコーヒーもとても美味しい。

スーパーでよく買う豆(UCCゴールドスペシャル リッチブレンド)は淹れてから時間がたっても結構美味しい。コーヒー豆屋さんで買った豆は淹れてすぐに飲まないと美味しさが激減してしまうので、UCCはかなりいいと思う。専門店の豆は高いし、私くらいの舌ならスーパーでほぼほぼ満足である。

ここまで色々語っておきながら、私はブラックではほぼ飲めずに牛乳を入れてカフェオレにするのが好きだ。スーパーのドリップコーヒーも夫婦でよく飲む。とても美味しい。

美味しいコーヒーに出会ってコーヒーが好きになり、今では毎日コーヒーを飲み、紅茶のほうが少ないくらいだ。美味しいコーヒーが好きな夫と暮らせてよかったと思っている。